《民法》成年=18歳以上に!変わったことと、変わらないこと。

ひとつ前の記事で、

未成年者が法定代理人(保護者)の同意なしで行った法律行為は取消ができる

について書かせていただきました。

 

 

 

その未成年者の定義が、令和4年4月1日をもって変わりましたね(^^)

 

民法第4条
年齢18歳をもって、成年とする。

 

18歳以上になると成年=未成年者じゃなくなるということなので、

保護者の同意なしで法律行為ができるようになり、取消しができなくなります。

具体的には、ニュース等でも取り上げられていましたが、

親御さんの同意なしでローンが組めたり、クレジットカードが作れたり、スマホ契約ができたり…。

お金や信用問題が絡んでくるため、

「大丈夫なの?」という心配の声もありますが、

高校など学校現場で「お金の授業」を取り入れることによって、対応していくようです。

 

 

民法をはじめ、社会ではある一定の要件として「成年かどうか」が用いられます。

そこで、成年の定義が変更されたことで、変わったことはあるのか、変わらないことはあるのか、

私なりに調べてみました。(^^)

 

ちなみに、行政書士試験とはあまり関係ないかもしれません…(笑)

 

 

 

成年が18歳になったことで、変わったこと

18歳から単独での法律行為がOK、そして取消不可

成年の年齢が18歳に引き下げられたことで、

これまでであれば保護者の同意がなければ法律行為(契約とか)ができなかった

18歳、19歳も、これからは自分一人の決定でできるようになります。

 

自分一人で決定できるという反面、「取消できない」という責任も負うことになります。

自分で決めた以上は、自分でどうにかしてね、大人なんだから。

なんて感じでしょうか。。。

 

 

18歳になると「親権」の束縛がなくなる

「束縛」というと表現が悪いかもしれませんが…(^^;

民法では

民法第818条① 成年に達しない子は、父母の親権に服する。

と規定されています。

ちなみに親権とは、身の回りの世話をしたり、教育を受けさせたり、財産を管理する権限・義務のことです。

前項の「単独で法律行為ができる」に関連していますが、

保護者の、子の財産を管理する権限も義務もなくなるんだから、

子は自分一人で様々なことが決定できるようになる、ということですね。

 

こちらも、成年の定義が変わったことで、親権がなくなるタイミングも変わりました。

 

 

 

婚姻年齢が男女一律18歳以上に

民法4条の規定と直接的には関係ないかもしれませんが、こちらも同時期に改正されました。

民法第731条 婚姻適齢
婚姻は、18歳にならなければ、することができない。

今まで、なんで男女で年齢差があったのか謎です。(笑)

令和4年4月1日からは、女性の婚姻適齢が引き上げられ、男女ともに18歳と統一されました。

男女ともに、高校進学率が高いことが理由の一つのようです。

 

とはいえ、令和4年4月1日時点で16歳に達している女性は、18歳未満でも婚姻可能です。

 

 

「成年擬制」がなくなる

婚姻適齢が男女とも18歳以上に統一され、そして成年の定義も18歳以上になりました。

そうなると必然的に、結婚できる=成年ということになります。

なので、

旧民法第753条 婚姻による成年擬制
未成年者が婚姻をしたときは、これによって成年に達したものとみなす。

という、成年擬制の規定が削除されました。

かつては「結婚したんだから、大人とみなしますよ」とされていましたが、

これからは結婚してる時点で大人ということになるので、確かに必要なくなりますね。

 

 

婚姻についての父母の同意も削除

また、未成年者で結婚ということがなくなるため、父母の同意が必要になることもありません。

結婚ができる18歳以上になると、親権に服さなくなるので、親御さんの同意を求める必要がありません。

なので父母の同意について規定した民法第737条も削除されました。

 

 

職業選択の幅が広がった

欠格事由として「未成年者」であることを掲げる職業は意外に多く、

例えば医師、歯科医師、公認会計士、獣医師、薬剤師、司法書士、土地家屋調査士、

そして行政書士も未成年者は就業不可です。

ですが未成年者の年齢が引き下げられたので、令和4年4月1日からは18歳もOKに。

(もちろん、所定の試験に合格することが大前提なのは言うまでもないですが…)

 

引き下げられたところで、医師免許は医学部に進学して勉学や実習を経て国家試験受験でしょうから、

「未成年者」の欠格事由に該当することは、ほぼないと思われますが…(^^;

ですが行政書士試験は受験資格に年齢制限はなく、

実際に中学生くらいの子どもさんの合格もあるようですし、

となると登録資格の年齢引き下げも良いんじゃないかな~と思います(^^)

 

 

 

成年が18歳になっても、変わらないこと

養親になれるのは20歳以上

民法における成年の定義が変わり、18歳に引き下げられたとしても

養子をとって、養親となるのには今後も20歳以上という要件が求められるようです。

民法第792条(養親となる者の年齢)
20歳に達した者は、養子をすることができる。

かつては、「成年に達した者は」と規定されていましたが、改正されました。

 

 

また、幼い子どもを前提とした特別養子縁組において養親となれる年齢も、やはり20歳です。

民法第817条の4 養親となる者の年齢(特別養子)
25歳に達しないものは、養親となることができない。
ただし、養親となる夫婦の一方が25歳に達していない場合においても、その者が20歳に達しているときは、この限りではない。

この条文は以前から「20歳」と定義されていたようなので、条文に変更はありません。

 

やはり養親となって誰かの人生を背負うとなると、

経済力の観点からも、要件を18歳に引き下げることはできなかったんでしょうね。

 

 

 

飲酒・喫煙は20歳になってから

法律上は成人になったとしても、やはり飲酒・喫煙は20歳になってからです。

これは医学的な観点から、変更する訳にはいかなかったんでしょうね~。

 

ちなみに、人は生まれながらに何でも自由にできる権利を持っているはずなのに、

前述の就業規制だったり、飲酒・喫煙に年齢制限があったり、権利が制限されてますよね。

職業に就くために制限がかけられるのは公共の福祉の観点があると思いますが

(無知識の人が医師として治療をすると…恐ろしいですよね)

飲酒・喫煙に関しては公共の福祉ではなく、

「あなた自身の健康と未来を守るために制限しているのです!」という意味合いがあります。

「健康を害する恐れがあります」なんてパッケージに明記されているものを

発達途中の子どもが吸うとなると、彼らの健康や将来をつぶすことになりかねません。

こういうのを「パターナリスティックな制約」といいます。

 

余談でした。(笑)

 

飲酒にしても喫煙にしても、これらを規制する法律では「未成年者」という言葉が使われていました。

ですが未成年者は18歳以上になり、でも制限対象は20歳未満になるので、

そもそも法律名が変わりました。

『未成年者喫煙禁止法』→『二十歳未満ノ者ノ喫煙ノ禁止ニ関スル法律』

『未成年者飲酒禁止法』→『二十歳未満ノ者ノ飲酒ノ禁止ニ関スル法律』

 

令和4年4月1日以降も、お酒とたばこはハタチから、ですよ!

 

 

 

馬券購入も20歳から(公営ギャンブル)

競馬をはじめとする、競輪、競艇などの公営ギャンブルに参加できるのも、

これまで通り20歳になってからになります。

 

勝馬投票券(馬券)の購入年齢を規定した競馬法第28条では

かつては「未成年者」とありましたが、現在は

競馬法第28条
20歳未満の者は、勝馬投票券を購入し、又は譲り受けてはならない。

と、「20歳未満の者」に変更されています。

その他の自転車競技法、小型自動車競走法、モーターボート競走法も同様です。

 

飲酒にしろ喫煙にしろ、そして公営ギャンブルにしろ、

依存性が生じやすく、それによって社会生活に影響を及ぼしかねないものは、

従来通り20歳以上という年齢制限を維持した形ですね。

 

 

 

 

まとめ

以上、民法4条改正による成年年齢を18歳に引き下げにより、

変わることと変わらないことを調べて記事にしてみました。

 

他にも10年パスポートが18歳から取れたり、

逆に国民年金加入は20歳からで変更なかったり、

細かい変更はたくさんあるようですが、一部を抜粋してみました。

 

こうやってみると、高校を卒業すると…

いや、高校在学中に大人として扱われ、保護者の同意なしで様々な契約ができたりというのは、

個人的には少し違和感を感じてしまうところです。

まぁ、大学生or専門学生or社会人として20歳を迎えて成人になる、

という今までの価値観が抜けきらないだけだと思いますが…。

国際社会としては18歳で成人として扱うのが主流だそうなので、それに足並みを揃えたようです。

 

高校在学中に成人になるので、科目の勉強だけでなく、

家庭や学校現場で、社会のことを積極的に教えていかなければならない時代ですね。

 

うちは最長子がまだ小学2年生ですが、

「社会には悪い大人もいるんだよ、だから契約書を交わすときは慎重に考えなきゃいけないよ。

迷ったらお父さん、お母さんに相談してね。」

なんて、いずれは話さなきゃな、と漠然と考えるこの頃です。